映画『グリーンマイル』を無料で視聴する方法を解説!【あらすじ・魅力も紹介】

ハヤト隊員

どうしたら『グリーンマイル』を無料で見れるんだろう・・・
私がその悩みに答えよう・・・

シネマ隊長

本記事では、『グリーンマイル』本編を無料で視聴する方法や、あらすじ・魅力についてをご紹介します!

『グリーンマイル』は不思議な力を持った心優しき囚人と看守たちとの心の交流を描いた感動作品です。

監督を務めたのは『ミスト』『ショーシャンクの空に』などの数多くのスティーブン・キング原作映画を手掛けたフランク・ダラボンです。

『グリーンマイル』の動画を「U-NEXT」と「TSUTAYA TV」で無料視聴!

『グリーンマイル』は有料だとDVD&Blu-rayで視聴可能です。とはいえ、数千円払って『グリーンマイル』しか見れないのはコスパが悪いですよね。

『グリーンマイル』をすぐに見るなら動画配信サービスでの無料視聴がおすすめです。

数ある動画配信サービスの中でも一番おすすめなのが、31日間の無料体験トライアルがあるU-NEXTです。

電子版の映画雑誌も読めちゃう「U-NEXT」

「U-NEXT」のおすすめポイント
●31日間の無料体験期間がある
●見放題動画が14万本以上、動画レンタルが2万本
●無料期間中にいつでも解約可能
●無料期間中に600円相当のポイントが貰える
●映画雑誌『SCREEN』の電子版が読める

「U-NEXT」に新規登録した場合、31日間の無料お試し期間とレンタルで使用可能な600円分のポイントがついてきます。

最新作はだいたいレンタルなのでこのポイントを利用し動画を無料で楽しむことが出来ます。

本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

無料体験期間中に1080円相当のポイントが使える「TSUTAYA TV」

「TSUTAYA TV」のおすすめポイント
●30日間の無料体験期間
●10,000本もの作品が見放題
●無料期間中に解約可能
●1080円分のポイントを無料期間中に使用できる

「TSUTAYA TV」に新規登録した場合、30日間の無料体験期間中に見放題作品であれば無料視聴できます。

また、レンタル作品に関しては1080円相当のポイントが利用可能です。

レンタル作品は1本400~500円代なので2本のレンタル作品を実質無料で楽しむことが出来ますよ。

『グリーンマイル』あらすじ・キャスト

『グリーンマイル』のあらすじ

20世紀末、60年前の出来事を刑務所の看守主任だったポールが回想する形で物語が始まる。

1932年、アメリカの刑務所。死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、一人の大男が送られて来る。双子の少女を強姦殺人した罪を持つ死刑囚ジョン・コーフィは、その風貌や罪状に似合わないほど弱く、繊細で純粋な心を持っていた。

ある時、コーフィは局部を掴んだだけでポールの重い尿路感染症を治してしまう。彼はその後も、パーシーに瀕死の重傷を負わされたデルが飼っていたネズミ(Mr.ジングルスの愛称)の命を救い、これを見た看守たちは、彼はその不思議な力を神から授かった特別な存在なのではと考え始める。同時にポールは悩む。コーフィが電気椅子に送られること、それを行う自分たちは大きな過ちを犯しているのではないかと。

引用元:グリーンマイル-Wikipedia

『グリーンマイル』のキャスト・スタッフ

キャスト
ポール・エッジコム:トム・ハンクス
ブルータス・“ブルータル”・ハウエル:デヴィッド・モース
ディーン・スタントン:バリー・ペッパー
ハリー・ターウィルガー:ジェフリー・デマン
パーシー・ウェットモア:ダグ・ハッチソン
ハル・ムーアズ:ジェームズ・クロムウェル
ジョン・コーフィ:マイケル・クラーク・ダンカン
ウィリアム・“ワイルド・ビル”・ウォートン:サム・ロックウェル
エデュアール・“デル”・ドラクロア:マイケル・ジェッター
ジャン(ジャニス)・エッジコム:ボニー・ハント
メリンダ・ムーアズ:パトリシア・クラークソン
スタッフ
監督:フランク・ダラボン
脚本:フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
製作:フランク・ダラボン、デヴィッド・ヴァルデス
音楽:トーマス・ニューマン
撮影:デヴィッド・タッターサル
編集:リチャード・フランシス=ブルース

『グリーンマイル』のおすすめポイント

『グリーンマイル』の魅力をご紹介します!

『グリーンマイル』のおすすめポイント①:俳優陣の好演

『グリーンマイル』では数々の名優たちが作品を引き立てるような良い演技を見せてくれます。

実直で堅物な看守ポール・エッジコムを見事に演じたトムハンクス、優しい心を持ちながらも運に恵まれず死刑囚となった大男ジョン・コーフィを胸を打つ演技で作品を高めてくれたマイケル・クラーク・ダンカン・・・、挙げだすとキリがありません。

管理人のお気に入りは高慢で自己中心的な看守パーシー・ウェットモアを演じたダグ・ハッチソンらしいよ

アンネ隊員

『グリーンマイル』のおすすめポイント②:暖かな照明づかい

『グリーンマイル』でとても印象に残っているのが「暖かな照明の使い方」です。

本作はとても悲し話ではあるのですが、作品全体に優しくて暖かな雰囲気がただよっています。

この雰囲気を作り出すのに一役買っているのが暖色(オレンジ)がかった暖かな光の使い方でしょう。

見ているだけで心が温まってくる傑作だと思います!

『グリーンマイル』の評判をツイッターでチェック!

『グリーンマイル』はSNSでもかなりの反響を呼んでいる傑作です。

『グリーンマイル』のトリビア・裏話

スピルバーグが4回も泣いた?!

名監督スティーブン・スピルバーグは『グリーンマイル』の予告編にコメントを寄せていて、「見ている途中で思わず4回号泣してしまった」と語っています。

名匠を泣かせるとは・・・流石は傑作感動作品だな

シネマ隊長

優しき死刑囚ジョン・コーフィの名前の由来はあの方・・・?

不思議な力を持った心優しい死刑囚ジョン・コーフィ、彼の英語表記の綴りはJohn Coffeyとなります。

この名前はイニシャルがJCとなるので、同じイニシャルを持つJesus Christ(イエス・キリスト)が由来なのでは?という憶測が飛び交いました。

しかし原作者のスティーブンキングは「知り合いの大学教授が由来」と答えているので上記の予想は的外れな物でした。

主演は別の役者が演じる予定だった?!

『グリーンマイル』の主人公である堅実な看守ポール・エッジコムを演じる俳優は制作前の時点ではジョン・トラボルタにオファーが行っていたそうですが、トラボルタがこれを蹴ったためキャストがトム・ハンクスになったそうです。